C1[シー・ワン]ファインセラミックフィルター採用 次世代浄水器
日本ガイシ トップページへ
クッキング水がおいしければ、料理もおいしくなる!C1の浄水を使って手軽にできる料理をご紹介します。
ホーム > クッキング > あべみえこ先生 >鮭ときのこの炊き込みご飯

鮭ときのこの炊き込みご飯

鮭、しめじ、しいたけ、ぎんなんなど、秋の味覚と新米を使った炊き込みご飯です。
鮭の代わりにサンマ、鮎やイワナ(川魚は一塩して焼いてから使うと臭みが出ない)などでも美味。

鮭ときのこの炊き込みご飯

トラウトなどの脂身の多い鮭より、赤身の鮭の方が相性が良い1品です。

ご飯の上に昆布を敷いて、その上に鮭をのせ、さらに野菜をかぶせていきます。ご飯が炊き上がったら昆布と一緒に鮭を取りだし、身をほぐして骨を取り除いてご飯に戻します(鮭は蒸し上がった状態なので、骨を簡単に除くことができます)。

材料(4人分)

  • 鮭(甘塩)・・・2切
  • しめじ・・・1/2パック(50g)
  • しいたけ・・・1/2パック(50g)
  • にんじん・・・1/4本(40g)
  • ぎんなん・・・30g
  • 米・・・カップ2
  • 浄水・・・カップ1と3/4
  • 酒・・・大さじ2~3
  • 塩・・・大さじ1/2~2/3
  • 昆布・・・10×10cm
  • 万能ねぎ・・・7~8本

作り方

  1. 鮭は塩の半量をふりかけておく。
  2. しめじは小房に分け、しいたけ、にんじんは細切りにする。
  3. 万能ねぎは小口切りにする。
  4. 米は浄水で洗い、釜に入れ、分量の浄水と酒、残り半量の塩を加え、昆布を入れる。(1)、(2)とぎんなんを入れて炊く。
  5. 炊き上がったら昆布を除き、(3)を加えて全体をほぐすように混ぜる。

レシピ一覧へ