日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. 製品情報>
  3. 金属・金型製品>
  4. ベリリウム銅製品>
  5. ベリリウム銅 金型用素材(MC合金)>
  6. テクニカルデータ

ここから本文です。

ベリリウム銅 金型用素材(MC合金)

  • 新しいウインドウでこの製品に関するお問い合わせフォームを開きます

物理的特性

特性
合金
種類
比重 比熱
J/(kg・K)
熱伝導率
W/(m・K)
線熱膨張係数
(20-500℃)
融解温度
MC9 8.8 419 189-230 17.9×10-6 1010-1070
MC16 8.6 419 105-126 17.9×10-6 1010-1070

機械的特性

特性
合金
種類
引張強さ
N/mm2
0.2%耐力
N/mm2
伸び
%
硬さ
HB
縦弾性係数
N/mm2
MC9 600-700 490-540 15-12 180-220 11.8×104
MC16 650-750 530-630 5-15 210-270 11.8×104

高温硬さ

高温硬さ

高温熱伝導度

高温熱伝導度

金型材料の比較

金型材料の比較

シェル中子のバリ低減

温度分布の改善により中子のバリの発生が減少しバリ取り工程の省力化=コストダウンに寄与します。

シェル中子のバリ低減

シェル中子のバリ低減

鋳物の薄肉軽量化

結晶微細化により強度・靭性が向上し薄肉でも十分な強度が得られます。

自動車部品の場合薄肉軽量化がはかられ、重量軽減による燃費向上や車重減少による操舵感向上に役立ちます。

MC9、MC16による鋳物の組織微細化

MC9、MC16による鋳物の組織微細化

鋳物の不良低減

アルミ鋳造の不良低減でバリ・歪み取りなどの後工程が省力化できトータルコストダウンにつながります。

MC9、MC16による温度制御・局部冷却

MC9、MC16による温度制御・局部冷却

鋳造時間の短縮

凝固時間の短縮による生産性アップで、トータルコストダウンが可能となり設備を縮小できます。

MC9、MC16による凝固促進・サイクル短縮

MC9、MC16による凝固促進・サイクル短縮

印刷しますプリントする

この製品の概要は「製品情報」をご覧ください。

新しいウインドウを表示しますベリリウム銅製品に関するお問い合わせ

  • 金属事業部営業部
  • 電話番号:052-872-7826
  • FAX番号:052-872-8846

「製品情報」内メニューです。

金属・金型製品

製品情報トップへ戻る製品情報トップへ戻る

製品を探す

製品一覧

製品名で検索

より詳細な技術データをお探しの方へ「製品テクニカルデータ」

最近チェックした製品


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社