日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. 製品情報>
  3. 産業用機器・装置>
  4. 加熱装置(焼成炉・乾燥炉)>
  5. 独自加熱技術>
  6. 遠赤外線ヒーター

ここから本文です。

独自加熱技術

  • 新しいウインドウでこの製品に関するお問い合わせフォームを開きます

日本ガイシの独自加熱技術|遠赤外線ヒーター

遠赤外線で変わる!加熱システムの概念。 目的に最も適した遠赤外線システムを提供します。

産業分野あるいは加工工程によって、ヒーターに求められる性能は異なります。
低〜中温領域の加熱・乾燥に対応したインフラスタイン。
800〜900℃などの高温領域の加熱に優れたインフラセラム。
秒速での昇温・降温が可能で遠赤外線加熱の対応範囲を広げたインフラクイック。
遠赤外線ヒーターのプロとして、お客様に最適なヒーターを用いた加熱システムを提案します。

インフラスタイン インフラセラム インフラクイック

遠赤外線とは

赤外線とは、波長が0.75〜400μmの放射線のことを指します。一般にモノを加熱するには、気体や液体などの媒介になるものが必要ですが、赤外線は媒介を必要とせず直接熱エネルギーが到達する特徴をもっています。そのため、加熱時間を短縮することが可能です。
赤外線は、波長の長短によって名称や効果が異なります。金属ヒーターなどから発せられる近赤外線は、吸収率よりも反射率が高いため、高分子品を効率よく加熱するには不向きです。
これに対して波長の長い遠赤外線は吸収率が高いため、加熱に適した放射線です。遠赤外線の中でも、セラミックス遠赤外線ヒーターが放射する2.5〜10μmの波長帯は、もっともよく高分子品に吸収されることがわかっています。

セラミックだからできること

放射加熱を行う場合の「効率」は、発熱体の表面材質に大きく左右されます。
セラミックスは金属などに比べると熱放射率がずっと高い物質です。そのため、既存の加熱方法よりエネルギーロスが少なく、極めて効率よく加熱することが可能です。

赤外線の吸収効率

各種ヒーターの特性比較

  ヒーター温度(Max) ヒーター寸法 ヒーター昇温速度 特徴 用途
(実績)
インフラスタイン 600℃ 65W×250L
65W×125L
5〜15分 長寿命 塗装一般
樹脂加熱
PDP
インフラセラム 900℃
800℃
65W×250L
65W×125L
5〜15分 業界最高温度 耐熱フィルム
太陽電池など
インフラクイック 700℃ 125W×125L 10〜15秒 秒速加熱 局部加熱
樹脂加熱

インフラスタイン、インフラセラム、インフラクイックの利用分野

インフラスタイン、インフラセラム、インフラクイックの利用分野

印刷しますプリントする

この製品の概要は「製品情報」をご覧ください。

関連情報

「加熱システム&セラミックス遠赤外線ヒーター」のパンフレットをPDFファイルでご覧いただけます。

「加熱システム&セラミックス遠赤外線ヒーター」のパンフレットはこちらから

「加熱システム&セラミックス 遠赤外線ヒータ」パンフレット請求

新しいウインドウを表示します加熱装置(焼成炉・乾燥炉)に関するお問い合わせ

  • 産業プロセス事業部営業部名古屋営業所
  • 電話番号:052-872-7766
  • FAX番号:052-872-7985

「製品情報」内メニューです。

産業用機器・装置

製品情報トップへ戻る製品情報トップへ戻る

製品を探す

製品一覧

製品名で検索

より詳細な技術データをお探しの方へ「製品テクニカルデータ」

最近チェックした製品


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社