日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2016年>
  4. 2016年09月15日 社会的責任投資の世界的な指標の構成銘柄に初めて選定

ここから本文です。

2016年9月15日
日本ガイシ株式会社

社会的責任投資の世界的な指標の構成銘柄に初めて選定

日本ガイシ株式会社(社長:大島卓、本社:名古屋市)はこのほど、社会的責任投資(SRI)の世界的な指標の一つである「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(Dow Jones Sustainability Indices、以下DJSI)」の中の「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・アジア・パシフィック・インデックス(Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index、以下DJSIアジア・パシフィック)」に、2016年度の構成銘柄として初めて選定されました。

DJSIは米国のS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社(S&P Dow Jones Indices LLC)とスイスのSRIに関する調査会社ロベコサム社(RobecoSAM AG)が1999年から提供しているSRIの代表的な指標で、企業を経済・環境・社会の3つの側面から分析し、持続可能性(サステナビリティ)に優れた企業が構成銘柄として選定されます。環境・社会・企業統治(ESG)など企業の社会的責任(CSR)を重視して投資を行う世界中の投資家にとって重要な投資判断基準の一つになっています。

DJSIの構成銘柄は毎年9月に見直され、今回、当社が初めて選定された2016年度のDJSIアジア・パシフィックには、アジア・太平洋地域の主要企業約600社から6カ国、24業種の上位146社(うち日本企業68社)が選定されました。

当社は「より良い社会環境に資する商品を提供し、新しい価値を創造する」ことを企業理念として、社会の基盤を支え、地球環境の保全に役立つ製品の開発と生産に取り組んでいます。2015年4月には、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組みとして国際連合が提唱する「国連グローバル・コンパクト」に参加しました。今後も事業活動とCSRへの取り組みを通じてステークホルダーの皆さまの期待と信頼に応え、持続的な成長を目指していきます。


「ニュース」内メニューです。

ニュース


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社