日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2009年>
  4. 2009年06月26日 投資単位の引下げに関する考え方及び方針等について

ここから本文です。

2009年06月26日
会社名:日本ガイシ株式会社
(登記社名 日本碍子株式会社)
代表者名:代表取締役社長 松下 雋
(コード番号5333)
(東証・大証・名証各第1部、札証)
問合せ先:執行役員 管理本部財務部長 坂部 進
電話番号:052-872-7230

投資単位の引下げに関する考え方及び方針等について

1. 投資単位の引下げに関する考え方

投資単位の引下げは、より多くの投資家の市場参加を促して株式の流動性を高める効果があると認識しております。当社におきましても株主重視の方針のもと、当社株式の流動性確保は極めて重要と考えており継続してフォロー致しております。

その結果、現在まで当社株式の流動性は十分に確保されていると判断し、直ちに引下げの必要があるとは考えておりません。

2. 投資単位引下げに関する方針

投資単位引下げの実施につきましては、株価水準、株式の需給関係、実施に伴う費用等の諸環境を勘案しつつ、株主利益の最大化を図ることを念頭に、引き続き慎重に検討を続けてまいります。

以上

PDF資料ダウンロード

12時間ルールについて

当ページに掲載されている情報につきましては、証券取引法に定められた「重要事実」が含まれている可能性があります。情報の公開から12時間以内に当社の株式などを売買された場合には、インサイダー取引規制に定められた「第一次情報受領者」として、証券取引法の規定、いわゆる「12時間ルール」に抵触する恐れがありますのでご留意ください。


「ニュース」内メニューです。

ニュース


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社