日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2007年>
  4. 2007年11月26日

ここから本文です。

2007年11月26日
株式会社NGK水環境システムズ
富士電機水環境システムズ株式会社

水環境事業の合併新会社の設立について

日本ガイシ株式会社(社長:松下 雋、本社:名古屋市)の水環境事業子会社である株式会社NGK水環境システムズ(社長:松木晴雄、本社:名古屋市)と、富士電機ホールディングス株式会社(社長:伊藤晴夫、本社:東京都品川区)傘下の富士電機システムズ株式会社(社長:矢内銀次郎、本社:東京都品川区)の水環境事業子会社である富士電機水環境システムズ株式会社(社長:小牧裕志、本社:東京都品川区)は本日、2008年4月1日付で合併して新会社「メタウォーター株式会社」を設立することを決定しましたので、お知らせします。

合併の概要

合併の目的

安定的かつ安全な水環境の保全と、それに関わる資源・エネルギー問題の解決に向けて、お客様と共に最適ソリューションを追求する「水環境分野のリーディングカンパニー」を目指します。

具体的には、国内の上下水分野で、機械設備と電気設備のトップメーカーである2社の合併により、事業規模を拡大し、新製品や新技術の開発を強化するとともに、シナジー効果で水処理施設の省エネルギー化や省力化などを実現する次世代技術の開発を目指します。また世界的な水不足を背景に、ニーズが高まっている再生水分野、海水淡水化など、民需及び海外への事業も拡大してまいります。

合併の経緯

2007年02月22日 基本合意書締結(日本ガイシ・富士電機ホールディングス・富士電機システムズ)
2007年11月26日 合併契約書締結
2008年04月01日 メタウォーター株式会社設立(予定)

合併の経緯

NGK水環境システムズを吸収合併存続会社、富士電機水環境システムズを吸収合併消滅会社として合併します。

合併比率

会社名 NGK水環境システムズ 富士電機水環境システムズ
合併比率 1 1

)株式の割当比率

富士電機水環境システムズの普通株式1株に対して、NGK水環境システムズの普通株式1株を割り当て交付いたします。

合併当事会社の概要

1) 商号 株式会社NGK水環境システムズ 富士電機水環境システムズ株式会社
2) 事業内容 上水・下水処理等の各種装置類の製造販売及び各種プラントの設計・施工・請負 水処理・水環境システム各種装置類、施設用電気設備等の製造販売及び各種プラントの設計・施工・請負
3) 本店所在地 名古屋市瑞穂区須田町2番56号 東京都品川区大崎一丁目11番2号
4) 代表者 代表取締役社長 松木 晴雄 代表取締役社長 小牧 裕志
5) 資本金 45億円 30億円
6) 従業員数 760人 888人

)NGK水環境システムズの表中数値は連結数値

新会社の概要

1) 商号 メタウォーター株式会社( 英文名:METAWATER Co., Ltd. )
2) 事業内容 上下水・再生水処理、海水淡水化等の水環境分野の各種装置類、施設用電気設備等の製造販売、各種プラントの設計・施工・請負
3) 設立年月日 2008年4月1日
4) 本店所在地 東京都港区虎ノ門四丁目3番1号 城山トラストタワー
5) 代表者 代表取締役社長  松木 晴雄(予定)
代表取締役副社長 小牧 裕志(予定)
6) 資本金 75億円
7) 従業員数 1,650人
8) 主要事業所 本社(東京)、日野事業所、名古屋事業所
9) 主要営業拠点 東京(本社)、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡

新会社事業計画

  2008年度 2009年度 2010年度 2015年度
売上高(億円) 950 1,000 1,200 2,000
営業利益(億円) 60 65 80 200
営業利益率(%) 6 6.5 7 10

新会社名の意味(由来)と企業理念

メタウォーター/METAWATERの「META」は、接頭語で「超越」「変化」を意味します。

新会社は、先進のコア技術を活かしたエンジニアリング企業として「水資源の最適解」を提供してまいります。いつでも・どこでも・だれもが水と共に安心して生きることができる社会を願い、時代を超えて変化し続けます。

METAWATER メタウォーター株式会社

以上

本件に関するお問い合わせ

  • 日本ガイシ 経営戦略本部 広報室 電話:052-872-7181
  • 富士電機水環境システムズ 管理本部 企画部 電話:03-5435-7051

12時間ルールについて

当ページに掲載されている情報につきましては、証券取引法に定められた「重要事実」が含まれている可能性があります。情報の公開から12時間以内に当社の株式などを売買された場合には、インサイダー取引規制に定められた「第一次情報受領者」として、証券取引法の規定、いわゆる「12時間ルール」に抵触する恐れがありますのでご留意ください。


「ニュース」内メニューです。

ニュース


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社