日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2005年>
  4. 2005年02月14日

ここから本文です。

2005年02月14日
日本ガイシ株式会社

NAS電池小牧工場での火災について(第2報)

日本ガイシ株式会社小牧事業所(愛知県小牧市)内のNAS(ナトリウム硫黄)電池小牧工場で2月7日に発生した耐電圧試験中のモジュール電池1台の火災は、2月12日正午すぎ、焼損したモジュール電池の内部温度が100℃以下に低下し、消防当局により鎮火が確認されました。

モジュール電池が保温性の高い断熱容器に入った構造となっていたため、火災発生から内部温度が100℃になるまで5日間を要しました。

2月14日から消防当局によるご指導のもと、モジュール電池の焼損状態を確認の上、出火原因の調査と究明、再発防止策の検討と実施などを進める予定です。

以上


「ニュース」内メニューです。

ニュース


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社