日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2004年>
  4. 2004年03月09日

ここから本文です。

2004年03月09日
東京電力株式会社
日本ガイシ株式会社

第50回『大河内記念生産特賞』の受賞について

東京電力株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:勝俣恒久)と日本ガイシ株式会社(本社:愛知県名古屋市、取締役社長:松下 雋)は本日、『電力貯蔵用ナトリウム−硫黄電池(以下:NAS電池)の開発と実用化』について、財団法人大河内記念会より第50回(平成15年度)「大河内記念生産特賞」を受賞しました。

この度の受賞は、両社がNAS電池の実用化に不可欠な、

  1. 主要構成部品の高信頼度と長期耐久性を確保する技術
  2. 量産時に大幅なコストダウンを可能とする技術
  3. 設備として長期間使用する際の耐久性と安全性を維持するための技術

などを独自に開発したことについて、高い評価をいただいたものと考えています。

以上

関連情報

12時間ルールについて

当ページに掲載されている情報につきましては、証券取引法に定められた「重要事実」が含まれている可能性があります。情報の公開から12時間以内に当社の株式などを売買された場合には、インサイダー取引規制に定められた「第一次情報受領者」として、証券取引法の規定、いわゆる「12時間ルール」に抵触する恐れがありますのでご留意ください。


「ニュース」内メニューです。

ニュース


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社