日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 1997年>
  4. 1997年04月10日

ここから本文です。

1997年04月10日

中期経営計画(EXCEL-01)の策定について

日本ガイシ株式会社(社長:柴田昌治、本社:名古屋市)は1997年4月をスタートとする2001年までの中期経営計画(EXCEL-01:エクセル−ゼロワン)を策定しました。

ビジネスのボーダレス化が進展し、世界的なメガコンペティションの時代を迎えようとしています。企業がより強く伸びていくためには、経営の舵取りが重要であり、本中計では、21世紀に向けて当社ならびにグループ会社が進む方向を定め、『グローバルスタンダードによるエクセレントカンパニー』となることを目指しています。

EXCEL-01の概要は以下のとおりです。

1. 企業ビジョン

『グローバルスタンダードによるエクセレントカンパニー』
世界的なメガコンペティションの時代を迎え、トップレベルをめざし常に進化することにより社会,株主,顧客,従業員に価値を提供し続ける。
<行動指針>
  • 世界的な視野に立って当社の経営を見直す。
  • 前例にとらわれず柔軟な発想で変化に対応する。
  • すべての行動においてスピードを重視する。

2. 事業領域

エネルギー,エコロジー, エレクトロニクスのトリプルEを事業領域とする。

3. 計数目標

日本ガイシグループ全体として、売上高5,000億円にチャレンジ。単独では売上高3,000億円以上、経常利益300億円以上の達成を目標とする。

4. 基本方針

【戦略的成長 〜 Strategic Growth 〜 】
  • 資源投入の選択と集中により、他を凌駕する技術を確立し、各々の分野においてトップクラスの地位を占める新規事業,新商品を創出する。
【高効率体質 〜 Competitive Performance 〜 】
  • 連結主体の事業運営を基本に、グループ会社の役割を明確にし、機動性と独自性を生かした効率的経営を行う。
  • ROE(株主資本当期利益率)と総資本回転率の向上を目指す。
  • 積極的な外国人の採用も含め、グローバルに活躍できる人材を育成する。
【良き企業市民 〜 Corporate Citizenship 〜 】
  • エクセレントカンパニーとしての社会的責任を自覚し、従来からの活動に加え、留学生の支援を柱とした社員参加型の活動を目指す。
  • 積極的なIR活動を通じて株主,投資家に情報を提供する。また広報活動を通じて広く社会に情報を発信する。

以上


「ニュース」内メニューです。

ニュース


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社