日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 1997年>
  4. 1997年03月18日

ここから本文です。

1997年03月18日

自動車排気ガス浄化用セラミックスでQS9000の認証取得

日本ガイシ株式会社(社長:柴田昌治、本社:名古屋市)は、「ハニカム状セラミックス構造体」の設計、開発及び製造に関する、米国ビッグ3の品質システム要求「QS9000」の認証を取得し、審査にあたった(財)日本規格協会から3月7日に認定書を受けました。

自動車分野では、ISO規格を基盤とした品質システムの標準化が各国で進められており、既に、日本ガイシでは自動車用セラミックス部品でドイツ自動車工業会規格「VDA品質システム監査」のAランクを'95年4月に、「ISO9001」を'96年1月にそれぞれ取得しています。

また、日本ガイシの自動車用セラミックス部品の欧州の生産拠点では、「ISO9002」を'93年7月に、「VDA品質システム監査」のAランクを'94年10月に取得しています。更に、米国の生産拠点では'97年7月に、インドネシアの生産拠点では'99年6月に、「QS9000」の認証を取得すべく準備を進めています。

日本ガイシの自動車用セラミックス部門(セラミックス事業部)では、世界同一品質での製品供給を事業戦略の基本と位置づけており、世界の4生産拠点がそれぞれISO規格を基盤とした各国の品質システムの認証を受けることで、徹底した品質の共通化を図っていきます。

<ご参考>

欧州生産拠点
NGK CERAMICS EUROPE,S.A. ベルギー ボドゥール
1985年12月設立
米国生産拠点
NGK CERAMICS USA,INC. ノースカロライナ州モアーズビル市
1988年9月設立
インドネシア生産拠点
P.T.NGK CERAMICS INDONESIA ジャカルタ郊外ベカシ
1996年4月設立

以上


「ニュース」内メニューです。

ニュース


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社