14億km3近くある地球の水のうち97%以上が海にある。つまりほとんどが塩水。…ってことは、飲める水(淡水[たんすい])は3%もない? じつはもっと少ないのだ! 淡水のほとんどは南極[なんきょく]や北極[ほっきょく]の近くで氷になっているし、残[のこ]りのほとんども地下水[ちかすい]。みんなが使える川や湖の水は、地球上の水のほんの0.01%にすぎないんだ。
これを身近[みぢか]なものにおきかえて比[くら]べてみよう。地球上の水がバケツ1杯[ぱい]として淡水はコップ1杯。じゃあ私たちが使える水は? なんとスプーン1杯もないくらいなんだ! それでも毎日水が使えるのは、水が「固体[こたい](氷)」「液体[えきたい](水)」「気体[きたい](水蒸気[すいじょうき])」と姿[すがた]を変[か]えながら、絶[た]え間[ま]なく地球上をめぐり続[つづ]けているからなんだ。
日本ガイシ 日本ガイシ