日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. 研究開発>
  3. 電力技術研究所>
  4. 研究設備

ここから本文です。

電力技術研究所|研究設備

  • 新しいウインドウでお問い合わせフォームを開きます

電力技術研究所では、がいし装置はもとより電力機器の評価に適した世界有数の高電圧試験設備を備えております。その他にも各種評価試験設備がございます。

交流・直流高電圧試験設備

直流500kV懸垂がいし装置の汚損試験

1000kVガスブッシング試験状況

UHV ACホール
  • 広さ:40m×40m、高さ30m
  • 鉄筋コンクリート製(金網による2重電磁遮蔽、遮蔽効果75db)
  • 交流/直流高電圧発生装置、注水装置、3mø×5mH試験用油タンクを収納
1500kV交流高電圧
  • 変圧器750kV 1375kVA、2台カスケード接続
  • 1000kVまでコロナフリー
500kV直流高電圧発生装置
  • 形式:がい管封入自立シリコン整流方式
  • 定格電圧:500kV、定格電流:30mA
コロナ測定装置
  • 結合コンデンサ:2000pF(500kV)、1000pF(1500kV)
  • RIVメータ:NEMA型、CISPR型
  • 部分放電測定装置:MPD600型
部分放電測定装置:ERA-3型、ERA-803型
4200kV雷インパルス電圧発生装置
  • 充電電圧:4200kV、充電エネルギー:315kJ
  • 全容量:1.5μF/42
  • 自動制御方式、ガス圧力封入式放電球間隙を採用
  • 最高発生電圧:3300kV(がいし負担時)
2500kV開閉インパルス電圧発生装置
  • 電源:4200kV雷インパルス電圧発生装置を使用
  • 波形調整用コンデンサ:0.5μF/38
  • 波頭長:50〜500μsの範囲で可変
  • 最高発生電圧:2500kV(がいし負担時)
試験用鉄塔
  • 逆L型試験用鉄塔:有効高25m

汚損試験設備

1000kVガスブッシング試験状況

直流500kV懸垂がいし装置の汚損試験

UHV汚損ホール
  • 霧室:30m×25m、高さ30m
  • 鉄筋塩ビ鋼板張(内壁フレキシブルボード、電磁遮蔽効果65dB)
  • 霧発生装置:ノズル4ヶ所、合計150個
  • 6ton/hrボイラ
1000kV交流汚損試験設備
  • 変圧器1000kV、5000kVA/1分間、4000kVA/連続
  • 電圧変動率:5%以下at600〜1000kV、3A
  • 電源:短絡発電機(3相125MVA)
750kV直流汚損試験設備
  • 全波整流3相カスケード方式
  • 1A連続(30mAat800kV)
  • 電圧変動率:5%以下at200〜750kV、2.5A
  • 電源:短絡発電機(3相125MVA)
500kV交流汚損試験設備
  • 霧室:15m×10m、高さ13m
  • 変圧器500kV、5000kVA/1分間
  • 電圧変動率:5%以下at100〜500kV、1A
  • 電源:短絡発電機(3相125MVA)
大電流試験設備(短絡発電機)
  • 短絡容量:3相125MVA
  • 短絡電流:最大12000A
200kV交流汚損試験設備
  • 霧室:6.4m×5.3m、高さ4.8m
  • 変圧器200kV 200kVA、100kV 300kVA、70kV 140kVA各1台
  • 電圧変動率:5%以下at20〜2000kV、1A
200kV直流汚損試験設備
  • 全波整流3相カスケード方式
  • 1A連続
  • 電圧変動率:5%以下at50〜200kV、2.5A

機械試験設備

1000kVがい管の曲げ破壊試験

1000kVがい管の曲げ破壊試験

  • 1000kN-m静曲げ試験設備
  • 試験用模擬鉄塔

「研究開発」内メニューです。

研究開発


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社