日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. 企業情報>
  3. CM・広告ギャラリー>
  4. 新聞広告>
  5. 2002年シリーズ>
  6. 2002年06月28日

ここから本文です。

CM・広告ギャラリー|新聞広告

  • 新しいウインドウでお問い合わせフォームを開きます

2003年シリーズ

新聞広告

ファインセラミックスにこだわりながら、
その可能性を信じて研究開発に励み、
3つのE分野で新技術や新製品を通じて
よりよい社会づくりのお手伝いをする。
私たち日本ガイシは、そんな前向きな会社です。

Energy
日本ガイシのセラミック技術の原点であるエネルギー分野でも進化は続いています。割安な夜間電力をためて昼間使う、エネルギーの効率的値用の最先端技術「NAS電池」の実用化・量産化に成功。下水処理場、工場、ビルなどでの活躍が期待されています。また、がいし事業では中国における生産体制を整備し、コスト競争力を強化。現地の電源開発拡大に対応するとともに、海外向け輸出拠点としての役割をいっそう高めていきます。
Ecology
日本ガイシのセラミックフィルターは、空気や水をきれいにするためにさまざまな分野で活躍しています。中でも、現在、世界の市場で大きなシェアを持つ自動車の排ガス浄化用触媒担体「ハニセラム」は、その技術の蓄積がガソリン車のみならず、ディーゼル車のDPF(排ガス中の黒煙微粒子の除去フィルター)においても活かされています。
Electronics
日本ガイシのセラミック技術は、エレクトロニクス分野でもさまざまな形で活躍しています。中でも、今最も注目されているのがマイクロセラミックスの技術。昨年度に発表した世界初の圧電セラミックディスプレイにも活かされ、その技術力と独創性が高く評価されています。また、バイオ分野で期待が大きいDNA チップもマイクロセラミックスの応用。その可能性はますます広がっていきます。

「企業情報」内メニューです。

企業情報


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社