日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. 企業情報>
  3. CM・広告ギャラリー>
  4. 新聞広告>
  5. 1993年シリーズ>
  6. 1993年10月26日

ここから本文です。

CM・広告ギャラリー|新聞広告

  • 新しいウインドウでお問い合わせフォームを開きます

1993年シリーズ

新聞広告

アパトサウルスを吊り下げられる。
強いセラミックス

これは100万ボルトの送電線を鉄塔からつり下げ、絶縁するために使われる懸垂ガイシの1個。セラミックスと連結用の金具でできています。つり下げ強度は、直径38cmのものでなんと54トン。現在確認されている最大の恐竜のアパトサウルス(重さ約30トン)をつり下げてもまだまだ余裕があります。
しかしその強さも、がいしの役目を考えたら当然のこと。なにしろ、送電線を鉄塔からつり下げ、風雪などあらゆる自然条件に耐え、万が一ということは決して許されません。私たち日本ガイシは、絶縁にふさわしいけど一見脆そうなセラミックスを鍛え、驚くほどの強度を与えました。

さて、このセラミックスのがいし、私たち日本ガイシの手がける製品のごく一例。日本ガイシはセラミックスの新たな可能性を探りながら、さまざまな領域で今日も人々の暮らしを守り、支えつづけています。


「企業情報」内メニューです。

企業情報


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社