日本ガイシのセラミックス

黒煙を除くセラミックス?

それは、日本ガイシの「DPF(ディーゼル・パティキュレート・フィルター)」

日本ガイシのDPFが、黒煙をキャッチ。市松模様のセラミックスに込めた地球想いの技術で、世界のクリーンな空気を守ります。

市松模様のセラミックス

ディーゼル車の排気系に搭載される、ハニカム(ハチの巣)構造の穴の出入口を交互にふさいだ市松模様のセラミックス。エンジン側の排ガス入口の穴が、出口側で行き止まりになっているのがミソ。穴と穴を隔てるセラミックスの壁がフィルターとなって、ディーゼル車の排ガスをキレイにします。

細かいあなで黒煙をキャッチ

DPFは多孔質のセラミックスでできています。多孔質とは、スポンジや軽石のように細かく均一な孔(あな)がたくさん開いていること。多孔質セラミックスの壁に排ガスを通すと、この細かい孔が排ガスに含まれるすすを確実にキャッチし、キレイなガスだけを通過させます。

白と黒でさまざまな車種に対応

白っぽいセラミックス、コージェライトは、大型にしても軽いため、トラックなどの大型車両に適しています。黒っぽいセラミックス、炭化ケイ素は、より高い温度にも耐えるため、使用条件の厳しい乗用車に適しています。この2種類の材料でDPFを量産するのは日本ガイシだけ。さまざまな車種に対応できます。

「DPF」について企業サイトでもっと詳しく見る!

日本ガイシ
CM・広告ギャラリー
新聞広告
テレビCM
ウェブ広告
一般広告