日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. CSR>
  3. 公正、自由、透明な取引の実践

ここから本文です。

公正、自由、透明な取引の実践

  • お問い合わせ

基本的な考え方

日本ガイシグループは、調達パートナーの皆さまと公正・公平な取引を行い、ともに繁栄を図るため、「購買基本方針」を定めています。

購買基本方針

門戸開放(Open & Fair)

・オープンで公正かつ公平な調達
・競争原理と経済性の追求

共存共栄(Partnership)

・サプライヤーとの相互信頼に基づく相互繁栄

社会的協調

・法の順守
・地球環境の保護

体制・仕組み

サプライチェーン管理体制

第1次取引先であるサプライヤーの管理は、資材部で行っています。さらに、第2次取引先以降のサプライチェーンの管理は、原材料メーカーなどの重要な購買品に限定して行っています。
全てのサプライヤーの管理は、取引先管理規定に基づき、実施しています。

CSR調達の推進

CSRの取り組みを積極的に行っている企業を取引先として優先的に選定し、調達する原材料などについても、CSRに配慮されたものを採用しています。

CSR調達の継続的な推進

CSR調達ガイドライン

海外グループも含めたCSR調達を進めるため、「CSR調達ガイドライン」を制定しました。

取り組み取り組みの詳細や関連するデータについては、「NGKレポート 2017」PDF版をご覧ください。

購買ハンドブックの周知徹底

購買に関する社内ルールをまとめた「購買ハンドブック」を発行し、定期見直しを実施するとともに、周知徹底にも取り組んでいます。

責任ある資源、原材料調達

人権侵害や貧困などの社会問題を引き起こす原因となり得る原材料の使用による地域社会への影響を考慮した調達活動を行っています。

CSR調達の改善

取引先への個別訪問や実態調査を含む理解の浸透活動に取り組んでいます。

海外グループ会社購買連絡会を開催

海外グループ会社の適切な購買活動を促進するとともに、バイヤーの購買知識向上を図っています。

公正・公平な評価に基づく取引先の選定

QCD(品質、コスト、納期)に加え、財務状況や環境保全をはじめとしたCSRへの取り組みなどを公正・公平に評価して、最適な取引先を選定しています。

調達リソースの複数化によるBCP(事業継続計画)を推進

大災害などの不測の事態が発生した際にも調達が滞らないよう、取引先の複数化と見直しを進めています。


「CSR」内メニューです。

CSR


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社