日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. CSR>
  3. より良い社会環境に資する商品の提供

ここから本文です。

より良い社会環境に資する商品の提供

  • お問い合わせ

基本的な考え方

日本ガイシグループは、「NGKグループ企業行動指針」に基づく品質方針の下、毎年、品質目標を定めて、お客さま目線での品質づくりに取り組んでいます。

品質方針

品質を大切にし、お客さまと世の中に信頼され役立つ製品とサービスを提供する。

2017年度 品質目標

リスク排除の意識と知識を高め、より良い品質を実現する。

体制・仕組み

日本ガイシの品質活動体制は、品質委員長をトップとするグループ全体の体制と、各事業本部長をトップとする事業部門内活動体制からなります。グループ全体の活動としては品質委員長を補佐する審議機関として品質委員会を設置し、事業部門内活動体制としては事業系列別に、それぞれに適した品質システムを構築。ISO9001認証またはTS16949認証を取得し、品質保証・品質管理・品質改善・品質教育などの活動を推進しています。

品質マネジメントシステムの取得状況(2017年3月31日現在)

日本ガイシグループの品質マネジメントシステム(ISO9001もしくはTS16949)の認証取得数は35。国内外の生産拠点を100%カバーしています。

取り組み取り組みの詳細や関連するデータについては、「NGKレポート 2017」PDF版をご覧ください。

・日本ガイシグループの「品質活動ルール」

・海外拠点における品質システム構築・品質活動の実施

・全従業員が参加する品質改善活動 「QuiC活動」

・実務テーマを用いた実践的な品質教育の強化

NGK(蘇州)環保陶瓷有限公司の品質向上活動

NGK(蘇州)環保陶瓷有限公司(ACC)では、毎月、工程ごとの優秀者を表彰しています。優秀者は、品質向上に寄与した活動や、改善に結びつける活動に対する加点、品質不良等が発生した場合の減点を月度集計して選出します。この取り組みは、品質向上とともにACC従業員のモチベーション向上にも役立っています。


「CSR」内メニューです。

CSR


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社