日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. CSR>
  3. コンプライアンスの徹底、リスクマネジメント>
  4. コンプライアンスの徹底

ここから本文です。

コンプライアンスの徹底、リスクマネジメント

  • お問い合わせ
  • コンプライアンスの徹底
  • リスクマネジメント

コンプライアンスの徹底

基本的な考え方

NGKグループ企業行動指針

日本ガイシグループでは、「より良い社会環境に資する商品を提供し、新しい価値を創造する」という企業理念を実現していくために守るべきことを「NGKグループ企業行動指針」として定め、その周知・徹底に取り組んでいます。
海外グループ会社では、企業行動指針の趣旨を踏まえ、各社や国・地域の特性に応じた規則を制定しています。

体制・仕組み

コンプライアンス推進体制

法令・企業倫理順守をグループ内に徹底するため、CSR委員会の傘下にコンプライアンス専門分科会を設けています。また、会社に重大な影響を及ぼす恐れがあると判断される事件・事故への対応などのためにセキュリティ専門分科会を設けています。

取り組み取り組みの詳細や関連するデータについては、「NGKレポート 2017」PDF版をご覧ください。

コンプライアンス教育の推進

役員および従業員に対するコンプライアンスの教育と啓発に努めています。

腐敗防止

公正で透明な取引を実践するため、社内規定の制定や贈収賄防止教育を実施しています。

競争法など取引関連法規の順守

国際的な水準に見合う「競争法遵守規定」を整備して国内外で従業員教育の強化に取り組み、社内規定・法規順守を徹底しています。

輸出入関連法規の順守

社内規定や輸出入ハンドブックに基づき、管理・教育を確実に行っています。

個人情報保護方針と体制

個人情報保護管理規定などの社内規定を設け、個人情報の保護・管理・取り扱いを徹底しています。

情報セキュリティ方針と体制

「NGKグループ情報セキュリティ基本方針」に基づき、情報管理の適正な管理・運用に努めています。

法令などの違反状況

2016年度は、法令違反となる事例はありませんでした。

新任執行役員を対象に会社法・競争法セミナーを開催

2016年8月19日、新任の日本ガイシ執行役員を対象に、会社法と競争法のセミナーを開催しました。 弁護士が講師を務めるこのセミナーは、ガバナンスの強化と、グローバルなコンプライアンス体制の構築を目的としており、執行役員の権限や経営層として身につけておくべき会社法の重要事項、近年厳格化しているカルテル規制の現状とリスクへの対応方法などを学びました。


「CSR」内メニューです。

CSR


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社