日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. CSR>
  3. ステークホルダーとのコミュニケーション

ここから本文です。

ステークホルダーとのコミュニケーション

  • お問い合わせ

基本的な考え方

・お客さまの声を経営に活かす

お客さまからいただく声を真摯に受け止め、製品改善や企業経営に生かしています。

・従業員との対話

従業員の人間性を尊重し、安全で働きやすい職場環境づくりを行うため、従業員と企業・経営層側とが双方向のコミュニケーションを取れる機会・場を積極的に設けています。

・調達パートナーとのコミュニケーション活動

毎年、主要な取引先を招いた業績説明会を開催しています。

・地域社会との交流

日本ガイシグループは、工場見学や地域イベントなどの機会を通じて地域の皆さまとの交流を活性化するとともに、直接対話の機会を設けて、いただいたご感想やご意見を当社グループの事業活動やCSR活動に生かしていくよう努めています。

取り組み取り組みの詳細や関連するデータについては、「NGKレポート 2017」PDF版をご覧ください。

・お客さまとのコミュニケーション

家庭用浄水器C1に関するお客さまの声への対応

家庭用浄水器「C1(シー・ワン)」を製造・販売を通して、お客さまの「声」に応える仕組みづくりを推進しています。

・従業員とのコミュニケーション

CSRトークライブ(CSR実践に向けた従業員との対話)

従業員と経営トップが直接対話するトークイベント「CSRトークライブ」を、全国の事業所で開催しています。

組織活性度調査

2年に1度、全従業員を対象に組織活性度に関する調査を実施しています。

CSR活動の最新情報を発信するCSR-Web

社内イントラネットに、CSRの取り組みを紹介する「CSR-Web」を設けています。

・取引先とのコミュニケーション

取引先への業績説明会

主要な取引先を招いた業績説明会を、開催しました。

取引先ヘルプラインの継続的な運用

取引先ヘルプライン制度を設け、メールやFAX、電話を通じて相談を受け付け、早期解決につながる対応を図っています。

国内外で取引先の個別訪問を実施

QCD(品質・コスト・納期)などを公正・公平に評価し、最適な取引先から調達するために、国内外で個別訪問を実施しています。

環境教育とコミュニケーション

従業員の環境意識向上のための教育・広報活動を行動指針に掲げ、さまざまな環境教育・啓発活動を継続的に実施しています。

・地域社会とのコミュニケーション

地域社会との交流

地域との交流を図り、当社やものづくりへの関心と理解を深めていただくために、小学生や地域の皆さまの工場見学を実施しています。

C1発売15周年

日本ガイシが持つセラミックス技術で一般家庭に貢献したいという想いで開発したC1は、2017年5月で発売から15周年を迎えます。
これまで製造・販売を続けてこられたのは、製品の高いクオリティが支持されるとともに、お客さまからいただいた声と真摯に向き合ってきたことも理由のひとつと考えています。
これからも人々の暮らしをより良くする製品をお届けするため、技術や品質の向上はもちろん、お客さまとのコミュニケーションを大切にしていきます。

C1


「CSR」内メニューです。

CSR


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社