C1[シー・ワン]ファインセラミックフィルター採用 次世代浄水器
日本ガイシ トップページへ
クラブC1おいしい水と食に関するレポートや、C1をお使いいただいている方々のお話をご紹介。

「水と食」を求めて 第2集

第2集

源流水が飲める国

水道水が飲める幸せ 清流を味わえる幸せ

写真
写真

木曽路はどこも木々の匂いにあふれている。宿場町の風情を今にとどめる奈良井でもそれを感じた。漆器店、喫茶店、旅籠……格子戸が並ぶ家なみに接するかのように、緑濃い裏山が迫っているからだろう。この山々から流れ出る沢水や湧き水を集めた水場が随所にあり、旅人は自由に手を洗い、のどを潤すことができる。江戸時代、中山道の難所・鳥居峠を越えてきた人たちもここで水を飲み、身体の疲れをいやしたという。

水量が豊富で、どんな渇水の時にも枯れたことがない。軒を接するようにして建つ奈良井宿の人々にとって、つきることのない山の水は防火用水としても心強い存在であった。水場のことを地元の人たちは親しみを込めて「川端」と呼んでいる。野菜を洗ったり、花に水をあげたりしながら、井戸端会議ならぬ川端会議に花を咲かせるのだそうだ。
写真